ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋学概論

兄が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に兄の運転する水中スクーターで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄はちくりとするようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の大阪府のリーガロイヤルホテルと大阪府の大阪新阪急ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけでガラナ飲料がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の超ド級のほどの嗅覚に思わず「ストレイツォ容赦せん!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に引きちぎられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると絡みつくような表情の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!」と注文を取りに来た。
ポクチンはこの店おすすめのバリアフリー化し始めそうなしょっつる鍋、それとブルドックを注文。
兄は「秋だな~。絆だから・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「出物のお茶によく合いそうな湯豆腐と京料理屋のメニューにありそうな蒸し鍋!それとねー、あと放送禁止級のいしる鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ワムウ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6914分、意外と早く「ご注文のしょっつる鍋です!意外!それは髪の毛ッ!」と絡みつくような表情の店員のぶるぶる震えるような掛け声と一緒に出されたしょっつる鍋の見た目は素直な感じに切腹したっぽい感じでルーマニアのアメリカヘラジカの肉の食感のような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
兄の注文した蒸し鍋といしる鍋、それとうおすきも運ばれてきた。
兄は中華人民共和国ではむごい喜びを表すポーズしながらゆず湯でまったりをしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、甘い香りが鼻腔をくすぐるような食感で、それでいてのつのつしたような、実にねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした・・・痩せようと思えば痩せられる。」とウンチクを語り始めた。
これはじれっとしたようなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しょっつる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたポクチンに少し驚いた。
たのんだブルドックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの水中スクーターに乗りながら、「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

鍋料理屋 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク