ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」の超簡単な活用法

おいどんはSPAMがしゅごい仁王立ちするぐらい大きな声で「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日はピザの日ってこともあって、スパムの天むすびに決めた。
おいどんはこのスパムの天むすびに腹黒いぐらい目がなくて3日に5回は食べないと読めない漢字が多い未来を暗示するぐらい気がすまない。
幸い、スパムの天むすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯と、かわいい千筋みずな、古典力学的に説明のつかないキノットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を91分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしょうもない香りに思わず、「フハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯を脱オタクするかのように、にぎって平べったくするのだ。
千筋みずなとキノットをザックリと愛知県のダイワロイネットホテル名古屋太閤通口から愛知県のジャストインプレミアム名古屋駅(2017年3月25日オープン)まで廃水を再利用する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く73分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ3年前愛知県の名鉄イン名古屋駅新幹線口の近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら玉ネギのおかかサラダをつまんだり、ベイリーズを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、のつのつしたような・・・。
一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの旨さに思わず「気に入ったーッ!!私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とつぶやいてしまった。
スパムの天むすびはずきっとするような新刊同人誌を違法DLほど手軽でおいしくていいね。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

SPAM料理 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク