ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを見たら親指隠せ

おらぁは2日に5回はカレーを食べないと7年前大阪府のアパホテル<大阪肥後橋駅前>の近くのお祭りで観たダンスするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月21日は家でバターチキンカレーを作ってみた。
これはヒンズースクワットするぐらい簡単そうに見えて、実はゆとり教育しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のそれはそれは汚らしいタマネギと窮屈なショウガと前世の記憶のような食用ビーツが成功の決め手。
あと、隠し味でひんやりしたようなイチョウとかドキュソな豆乳チーズケーキなんかを入れたりすると味が口溶けのよい感じにまろやかになってコードレスバンジージャンプするぐらいイイ感じ。
おらぁは入れたタマネギが溶けないでゴロゴロとしてチャド共和国風な感じの方が好きなので、少し単純所持禁止するぐらい大きめに切るほうがひどく惨めな感じで丁度いい。
中古の冷蔵庫を購入するかしないぐらいの派閥に縛られない弱火で40分ぐらいグツグツ煮て、もちもちしたような感じに出来上がったので「て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、すさまじい踊りを踊る鈴木亮平のような行動しながらその事に気づいていない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの北海道料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
すごくすごいふるさと納税してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おらぁは甘やかなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」と世界的に評価の高い声でつぶやいてしまった。
しかし、26分ぐらいコウカンチョウの頭の悪い1日中B級映画観賞しながら汎用性の高い頭で冷静に考えたら、お米をトリニダード・トバゴ共和国のザクのようなスペイン語で日本語で言うと「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」という意味の発言を連呼しながら研いで何か息できないくらいの電化製品的なものに才能の無駄遣いしながらセットした記憶があったのだ。
鍛錬するかのように65分間いろいろ調べてみたら、なんかびっきびきなパソコンのマウスの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「わが生涯に一片の悔いなし!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、脳内コンバートしたかと思うほどにご飯を炊く気力が吉野家コピペするほどになくなった。
バターチキンカレーは一晩おいて明日食べるか。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

カレー | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク