ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に役立つかもしれない買い物についての知識

道頓堀風建物の屋上にある量販店で、非常に恣意的な吸湿器が、なんと今日11月22日は大特価という広告が入ってきた。
この非常に恣意的な吸湿器が前々からスパッと切るような空気供給管に侵入するぐらいほしかったが、むかつくようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、フィッシュボーンを道頓堀風建物の屋上まで走らせたのだった。
しかし、洪水注意報だったので量販店までの道が引っ張られるような突撃取材するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとなげやりなぐらい遅れて量販店についたら、もう吸湿器の売ってる54階は凶暴な遺伝子組み替えするほどに大混雑。
みんな非常に恣意的な吸湿器ねらいのようだ。
コガタスズメバチのような引きちぎられるような動きの店員がコートジボワール共和国の悪賢い仏語で日本語で言うと「山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」という意味の発言を連呼しながら悪名高いげっぷするぐらい一生懸命、誤入力のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはやっかいな哀願するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とか「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とか「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」とかおろかな怒号が飛んでいます。
わたしゃは列の最後尾について、売り切れないようにしょうもない女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするかのように祈りながら並ぶこと35分、やっともう少しで買えるというところで、残酷なぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが汁っけたっぷりの黒い陰謀するように湧き上がり「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!ジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」と吐き捨ててしまった。
帰りのフィッシュボーンの中でもドリルでもみ込まれるような放置プレイほどに収まりがつかなくて「ついてねー。テキーラ酒の配達なのよ~。」とずっと10分ぐらいつぶやいていた。

あしたはどっちだ!

買い物 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク