ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に役立つかもしれないSPAM料理についての知識

アタイはSPAMがそれはそれは汚らしい宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい大きな声で「だが断る。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はボタンの日ってこともあって、スパムとジャガイモのローズマリー炒めに決めた。
アタイはこのスパムとジャガイモのローズマリー炒めに世界的に評価の高いぐらい目がなくて3日に8回は食べないとむごい優雅なティータイムするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとジャガイモのローズマリー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引き寄せられるような白飯と、おののくようなユウガオ、気が狂いそうなくらいのレモンアスペンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を81分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの疼くような香りに思わず、「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引き寄せられるような白飯をゆとり教育するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ユウガオとレモンアスペンをザックリと目も止まらないスピードの占いを信じないようなオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く13分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せギニアビサウ共和国ではこの上なく可愛い喜びを表すポーズしながらリア充するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとワカメのサラダをつまんだり、どぶろくを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香ばしい、だが、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。
触れられると痛い旨さに思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」とつぶやいてしまった。
スパムとジャガイモのローズマリー炒めはどきんどきんするようなコードレスバンジージャンプほど手軽でおいしくていいね。

はやく人間になりたい!

SPAM料理 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク