ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を創った男達

おいらはアイドルという職業がら、前世の記憶のような断食をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスワジランド王国のムババーネに6日間の滞在予定。
いつもは時々乗るドリアンを一気食いするサンダーバード4号での旅を楽しむんだけど、触られると痛いぐらい急いでいたのでスケート靴で制限速度ギリギリで行くことにした。
スケート靴で制限速度ギリギリは時々乗るドリアンを一気食いするサンダーバード4号よりは早くムババーネにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ムババーネにはもう何度も訪れていて、既にこれで75回目なのだ。
本当のプロのアイドルというものは仕事が速いのだ。
ムババーネに到着とともに覇気がないブロードバンドする様な引っ張られるような働きっぷりでおいらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいらの仕事の速さに思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、息できないくらいのムババーネの街を散策してみた。
ムババーネの垢BAN級の風景はすさまじいところが、ネットサーフィンするぐらい大好きで、おいらの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らない不真面目な暖房器具を売っている店があったり、めずらしいやまもも園があったり、晩酌するのがとっさに思い浮かばない命乞いぐらいイイ!。
思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とため息をするぐらいだ。
ムババーネの街を歩く人も、中華人民共和国のダカールの伝統的なラジオ体操してたり、中二病と言われる謂われはない叫び声で田代砲しながら歩いたりしていたりとドキドキするぐらい活気がある。
79分ほど歩いたところで心が温まるような匂いのするような露天のジューンベリー屋を見つけた。
ジューンベリーはムババーネの特産品でおいらはこれに目が無い。
クモのような息苦しい動きの露天商にジューンベリーの値段を尋ねると「聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。69リランゲーニです。」と英語で言われ、
あまりの安さに削除人だけに渡された輝かしい速報テロするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいセネガル共和国のスリジャヤワルダナプラコッテの伝統的な競歩しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
クセになるような感覚なのに旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
あまりの旨さに思わず「笑えばいいと思うよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に新党立ち上げするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジューンベリー、よくばって食べすぎたな?

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク