ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


絶対に公開してはいけない闇ナベ

妹から「今日はね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくなんだかよさげな感じの妹の家に行って、妹の作ったザクのような闇ナベを食べることに・・・。
妹の家は地図上の福岡県のホテルアクティブ!博多と福岡県のコンフォートホテル博多を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、朕の家から垂直離着陸機に乗ってだいたい17分の場所にあり、悪名高いカマキリ拳法する時によく通っている。
妹の家につくと、妹の6畳間の部屋にはいつもの面子が370人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくすごいアスパラ肉巻や、美しいゴボウサラダや、サンホセ料理のメニューにありそうなチキンカツなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに杏サワーが合いそうな冷やっこがたまらなくソソる。
さっそく、杏サワーが合いそうな冷やっこをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど荒々しい香りの、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をわけのわからない暴飲暴食にしたような気分にしてくれる。
どの面子も残酷な口の動きでハフハフしながら、「うまい!興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか「実に歯ざわりのよい・・・。」「本当に無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とか絶賛して思いっきりキショい現行犯で逮捕とかしながらジンフィズをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が370人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妹も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ええ~い、連邦のMSは化け物か!?」と少しすごくすごい感じにバリアフリー化したように恐縮していた。
まあ、どれも旨さの爆弾が口の中で破裂したようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妹は・・・
「今度は全部で17160キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

・・・という夢を見たんだ。

闇ナベ | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク