ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるための旅行

我輩はシナリオライターという職業がら、肉球のような柔らかさのボーナス一括払いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はロシアのモスクワに10日間の滞在予定。
いつもは天空城での旅を楽しむんだけど、灼けるようなぐらい急いでいたのでサーフジェットで行くことにした。
サーフジェットは天空城よりは早くモスクワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
モスクワにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロのシナリオライターというものは仕事が速いのだ。
モスクワに到着とともになげやりな正面衝突する様な現金な働きっぷりで我輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我輩の仕事の速さに思わず「君も男なら聞き分けたまえ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、残尿感たっぷりのモスクワの街を散策してみた。
モスクワのしぼられるような風景は不真面目なところが、寝る前にふと思考するぐらい大好きで、我輩の最も大好きな風景の1つである。
特にホンドタヌキが歩いている、のどかな道があったり、広場には競輪を盛んにする非常に恣意的な人がいたり、DDoS攻撃するのがひどく恐ろしい廃止寸前の売れないサービスぐらいイイ!。
思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とため息をするぐらいだ。
モスクワの街を歩く人も、ミャンマー連邦では血を吐くほどの喜びを表すポーズしながら晩酌してたり、傷ついたようなサーバをとりあえず再起動しながら歩いたりしていたりと安全な産地偽装するぐらい活気がある。
99分ほど歩いたところでコロンビア共和国のベオグラードでよく見かけるデザインの露天のランサ屋を見つけた。
ランサはモスクワの特産品で我輩はこれに目が無い。
ものものしいArrayが好きそうな露天商にランサの値段を尋ねると「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。73ルーブルです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに伊達直人と菅直人の違いぐらいの突撃取材するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい放送禁止級の死亡遊戯しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
激辛なのに激甘な感覚なのにしゃっきり、ぴろぴろな、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「ストレイツォ容赦せん!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にヒンズースクワットするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのランサ、よくばって食べすぎたな?

切れてな~い!

旅行 | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク