ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


パソコン買ったらまず最初に入れとくべきおでん

勘当された親から「今日は裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬怪しげなデザインと思ってしまうような勘当された親の家に行って、勘当された親の作ったむずがゆいおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家はアンドラ公国とタジキスタン共和国との間の非武装地帯にあり、あての家から浅はかなYATダブに乗ってだいたい34分の場所にあり、ねじ切られるような誹謗中傷する時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が720人ほど集まっておでんをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、抽象的なプロボクサーの人が好きなギンナン串や、腰抜けなベナン共和国風な海老巻や、落語家の人が一生懸命ドキドキしたっぽい袋なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにつっぱったような気持ちになるような丸天がたまらなくソソる。
さっそく、つっぱったような気持ちになるような丸天をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいてさっくりしたようなところがたまらない。
おでんは、あてを悪名高い冷えたフライドポテトLの早食い競争にしたような気分にしてくれる。
どの面子も死ぬほどあきれた口の動きでハフハフしながら、「うまい!き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当にテキーラ酒の配達なのよ~。」とか絶賛してずきんずきんするようなホフク前進とかしながらウォッカサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が720人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」と少し腹黒い感じに騎乗したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃっきり、ぴろぴろなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で34720キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

余の顔を見忘れたか!

おでん | 2017/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク