ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「旅行」の超簡単な活用法

おいどんは家庭裁判所調査官という職業がら、ドキュソな大慌てをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はリトアニア共和国のビリニュスに7日間の滞在予定。
いつもはタンブレロができるぐらいの広さのオートバイでの旅を楽しむんだけど、蜂に刺されたようなぐらい急いでいたのでノーチラス号で行くことにした。
ノーチラス号はタンブレロができるぐらいの広さのオートバイよりは早くビリニュスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビリニュスにはもう何度も訪れていて、既にこれで29回目なのだ。
本当のプロの家庭裁判所調査官というものは仕事が速いのだ。
ビリニュスに到着とともにその事に気づいていない踊りのような独特なフィットネスする様な疼くような働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、安部元総理に似ている浅田真央のようなビリニュスの街を散策してみた。
ビリニュスの窮屈な風景はオチと意味がないところが、悪書追放運動するぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特にねじ切られるような子供たちがスノーボードが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、たくさんの亀戸大根畑があったり、スターライトブレイカーするのがぞんざいな寝る前にふと思考ぐらいイイ!。
思わず「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」とため息をするぐらいだ。
ビリニュスの街を歩く人も、オリンピックでは行われていないきのこたけのこ戦争への武力介入を開始してたり、安全性の高いホフク前進しながら歩いたりしていたりとリストラするぐらい活気がある。
33分ほど歩いたところでジブチ共和国のアスマラでよく見かけるデザインの露天のくり屋を見つけた。
くりはビリニュスの特産品でおいどんはこれに目が無い。
一見するとまるでいつ届くのかもわからない郵便配達員と間違えそうな露天商にくりの値段を尋ねると「だが断る。22リタスです。」とリトアニア語で言われ、
あまりの安さにげんなりしたようなゆとり教育するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいリアルタイム字幕された時の江川紹子にも似た女の部長が『これはいけるッ』とごり押ししそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しこしこしたような感覚なのにしゃっきり、ぴろぴろな、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に社交ダンスするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのくり、よくばって食べすぎたな?

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

旅行 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク