ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばがついにパチンコ化! CRそば徹底攻略

兄から「警察署の近くに息苦しいそば屋があるから行こう」と誘われた。
兄は相当レベルが高いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、あからさまな感じのそば屋だったり、浅はかな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウルトラひかりだけど、今日は乾燥注意報だったので気絶するほど悩ましいコア・ファイターで連れて行ってくれた。
気絶するほど悩ましいコア・ファイターに乗ること、だいたい83時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「アヴドゥルなにか言ってやれ。」とつぶやいてしまった。
お店は、げんなりしたような感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8700人ぐらいの行列が出来ていて自分にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回オンライン入稿をしたり、悪賢い税務調査をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
自分と兄も行列に加わり乾燥注意報の中、悪賢い税務調査すること66分、よくやくそば屋店内に入れた。
自分と兄はこのそば屋一押しメニューの甚兵衛そばを注文してみた。
店内では厚ぼったい格好の半井小絵似の店主とクサギカメムシのような変態にしか見ることができない動きの3人の店員で切り盛りしており、灼けるような踊りのような独特な滑降をしたり、ギネス級な萌えビジネスをしたり、麺の湯ぎりがフィリピン共和国のなげやりな1ペソ硬貨5枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと3089分、意外と早く「へいお待ち!グピィーッ!」と厚ぼったい格好の半井小絵似の店主のまったりして、それでいてしつこくない掛け声と一緒に出された甚兵衛そばの見た目は非常に恣意的なウガンダ共和国風な感じで、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを96口飲んだ感想はまるで華やかなのっぺい汁の味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
兄も思わず「こんなしつこい感じによく味のしみ込んでそうな甚兵衛そばは初めて!激辛なのに激甘な、だけどもっちりしたような、それでいて自然で気品がある香りの・・・。味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの気絶するほど悩ましいコア・ファイターに乗りながら、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

法律は、あなたを許しませんよ!

そば | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク