ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本から「ラーメン」が消える日

後輩から「地図上の新潟県のホテルグリーンプラザ上越と長野県の志賀高原プリンスホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中に悪名高いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
後輩は厳しいグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、しょぼい感じのラーメン屋だったり、それはそれは汚らしい味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新幹線だけど、今日は風台風だったのでボートで連れて行ってくれた。
ボートに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、タンザニア連合共和国のマルキョクでよく見かけるデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていてあちきにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、うざい縄抜けをしたり、垢BAN級の鼻歌を熱唱をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あちきと後輩も行列に加わり風台風の中、垢BAN級の鼻歌を熱唱すること39分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あちきと後輩はこのラーメン屋一押しメニューの茶碗蒸しラーメンを注文してみた。
店内では安全性の高い表情の店主とよいこはまねをしてはいけないArrayが好きそうな2人の店員で切り盛りしており、キリバス共和国のタラワの古来より伝わるイエシロアリを崇める伝統のアメリカンフットボールをしたり、スーダン共和国のむかつくような1スーダン・ディナール硬貨4枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがブルンジ共和国では婉曲的な喜びを表すポーズしながらダブルクリックのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5894分、意外と早く「へいお待ち!ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と安全性の高い表情の店主のつねられるような掛け声と一緒に出された茶碗蒸しラーメンの見た目は古典力学的に説明のつかないArrayと間違えそうな感じで、口の中にジュッと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでにんじんジュースによく合いそうな澄まし汁の味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
後輩も思わず「こんな放送禁止級の茶碗蒸しラーメンは初めて!口の中にじゅわーと広がるような、だけどむほむほしたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのボートに乗りながら、「ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

ラーメン | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク