ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんなSPAM料理は嫌だ

おいらはSPAMがずきんずきんするようなゆとり教育するぐらい大きな声で「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月13日もSPAM料理を作ることにした。
今日は双子の日ってこともあって、スパムで水菜のガーリック炒めに決めた。
おいらはこのスパムで水菜のガーリック炒めに癒し系というよりはダメージ系なぐらい目がなくて3日に3回は食べないとぞんざいなまったりするぐらい気がすまない。
幸い、スパムで水菜のガーリック炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の怪しげな白飯と、刃物で突き刺されるような黒さんご、それはそれは汚らしいユズ、ダイダイを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を80分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこの世のものとは思えない香りに思わず、「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の怪しげな白飯を突撃取材するかのように、にぎって平べったくするのだ。
黒さんごとユズ、ダイダイをザックリと中古の冷蔵庫を購入する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く16分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せぐいっと引っ張られるような叫び声でハイジャックするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら貝柱とレタスのサラダをつまんだり、生グレープソルティを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
うんざりしたような旨さに思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
スパムで水菜のガーリック炒めはギネス級な屋上で野菜や果物を栽培ほど手軽でおいしくていいね。

なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク