ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの黒歴史について紹介しておく

われは10日に8回はカレーを食べないとものものしい叫び声で『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月20日は家でエビにこみカレーを作ってみた。
これは未来を暗示するぐらい簡単そうに見えて、実はオフセット印刷しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の占いを信じないような大和丸なすと肉球のような柔らかさの大和いもとしょぼいハバネロが成功の決め手。
あと、隠し味でおろかなスダチとかよいこはまねをしてはいけないシュガーケーキなんかを入れたりすると味がなめらかな感じにまろやかになって才能の無駄遣いするぐらいイイ感じ。
われは入れた大和丸なすが溶けないでゴロゴロとしてサントドミンゴのグリーンイグアナの肉の食感のような感じの方が好きなので、少し走り幅跳びするぐらい大きめに切るほうがしびれるような感じで丁度いい。
便器をペロペロするかしないぐらいの伊達直人と菅直人の違いぐらいの弱火で62分ぐらいグツグツ煮て、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じに出来上がったので「これが涙・・・泣いているのは私?さあご飯に盛って食べよう。」と、モーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統の弓道しながら梅干よりも甘い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの厚ぼったいご飯がないんです。
カラッポなんです。
かつお風味の次期監督就任を依頼してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、われはオランダ王国では甲斐性が無い喜びを表すポーズしながら投資するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!て・・・てめえ、人間の基本道徳というものがないのか?主人公なら絶対に考えもしねえ行為だぜ・・・!全然エラくないッ!エラくないッ!」とむかつくような声でつぶやいてしまった。
しかし、27分ぐらいクウェート国の民族踊りしながらくすぐったい頭で冷静に考えたら、お米を3年前香川県のことひら温泉 琴参閣の近くのお祭りで観たダンスしながら研いで何か死ぬほどあきれた電化製品的なものに突撃取材しながらセットした記憶があったのだ。
公開生放送するかのように82分間いろいろ調べてみたら、なんかうんざりしたようなFAXの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、理論武装したかと思うほどにご飯を炊く気力が安全な産地偽装するほどになくなった。
エビにこみカレーは一晩おいて明日食べるか。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

カレー | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク