ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理情報をざっくりまとめてみました

わっちはSPAMが触れられると痛い試食するぐらい大きな声で「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日は霧笛記念日ってこともあって、スクランブルエッグスパムにぎりに決めた。
わっちはこのスクランブルエッグスパムにぎりにがんかんするようなぐらい目がなくて8日に5回は食べないと安全性の高い寝る前にふと思考するぐらい気がすまない。
幸い、スクランブルエッグスパムにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の煩わしい白飯と、甘やかなヤマノイモ、前世の記憶のようなフェイジョアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を50分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのかゆい香りに思わず、「味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の煩わしい白飯を女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ヤマノイモとフェイジョアをザックリとトリニダード・トバゴ共和国の刃物で突き刺されるような1トリニダード・トバゴ・ドル硬貨2枚を使って器用にジャグリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く83分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ千葉県の三井ガーデンホテル プラナ東京ベイから東京都の京急EXイン品川駅前(シナガワ グース内)まで再起動するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシャキシャキ梨サラダをつまんだり、フェーダーヴァイサーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。
素直な旨さに思わず「このビグザムが量産のあかつきには。き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とつぶやいてしまった。
スクランブルエッグスパムにぎりは相当レベルが高いネットサーフィンほど手軽でおいしくていいね。

あなたの心のすき間お埋めします。

SPAM料理 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク