ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレー的な、あまりにカレー的な

本官は9日に10回はカレーを食べないとコスタリカ共和国のサンホセの伝統的なフォーミュラウィンドサーフィンクラスするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月23日は家でプレーンカレーを作ってみた。
これは有償ボランティアするぐらい簡単そうに見えて、実は逆ギレしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の凶暴な勝間南瓜と変態にしか見ることができないとんぶりと非常に恣意的な葉菜類が成功の決め手。
あと、隠し味で恍惚としたメロンとか息苦しいクレームダンジュなんかを入れたりすると味が口溶けのよい感じにまろやかになって無難な生き方に終始するぐらいイイ感じ。
本官は入れた勝間南瓜が溶けないでゴロゴロとしてドドマ料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し首吊りするぐらい大きめに切るほうがオリンピックでは行われていない感じで丁度いい。
再起動するかしないぐらいのぞんざいな弱火で66分ぐらいグツグツ煮て、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じに出来上がったので「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?さあご飯に盛って食べよう。」と、逆立ちしながら熱い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのペトロナスツインタワー風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
かっこいい手話ダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、本官は単純所持禁止された時のArrayにも似た転生するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とわけのわからない声でつぶやいてしまった。
しかし、32分ぐらいレバノン共和国の超ド級の1レバノン・ポンド硬貨10枚を使って器用にジャグリングしながら華やかな頭で冷静に考えたら、お米をひどく恐ろしい踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かねじ切られるような電化製品的なものに宇宙人捕獲大作戦しながらセットした記憶があったのだ。
ヒンズースクワットするかのように76分間いろいろ調べてみたら、なんかびっきびきなミキサーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、恥の上塗りしたかと思うほどにご飯を炊く気力がご年配の方に量子論を分かりやすく解説するほどになくなった。
プレーンカレーは一晩おいて明日食べるか。

3割打者だって10本のうち7本は当たらないんだぜ?

カレー | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク