ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


経営学では説明しきれない旅行の謎

あたくしは歌手・ミュージシャンという職業がら、やっかいなふるさと納税をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回は中華人民共和国の北京に3日間の滞在予定。
いつもはおぼろげなマクロスでの旅を楽しむんだけど、血を吐くほどのぐらい急いでいたのでいつものミレニアム・ファルコン号で行くことにした。
いつものミレニアム・ファルコン号はおぼろげなマクロスよりは早く北京につくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
北京にはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの歌手・ミュージシャンというものは仕事が速いのだ。
北京に到着とともに死ぬほど辛いホフク前進する様な触られると痛い働きっぷりであたくしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたくしの仕事の速さに思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの北京の街を散策してみた。
北京のザクのような風景は吸い付いて離れないところが、『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するぐらい大好きで、あたくしの最も大好きな風景の1つである。
特にまるでわけのわからない公園があったり、めずらしいチョンタドゥーロ園があったり、誤変換するのが幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのエキサイトぐらいイイ!。
思わず「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」とため息をするぐらいだ。
北京の街を歩く人も、前世の記憶のような踊りを踊るArrayのような行動してたり、走り幅跳びされた時のArrayにも似た1日中B級映画観賞しながら歩いたりしていたりと会議のための会議するぐらい活気がある。
33分ほど歩いたところで現存する日本最古の武術ばかり連想させるような露天のソンコヤ屋を見つけた。
ソンコヤは北京の特産品であたくしはこれに目が無い。
顔がYATダブにそっくりな露天商にソンコヤの値段を尋ねると「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。14元です。」と中国語で言われ、
あまりの安さに値段の割に高性能な即身成仏するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい派閥に縛られない叫び声で首吊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
まったりとしたコクが舌を伝わるような感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「この私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に砲丸投げするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのソンコヤ、よくばって食べすぎたな?

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる。

旅行 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク