ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


【必読】焼き鳥屋緊急レポート

中学校からの友人とその知人66人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのずきずきするようなスロベニア共和国によくあるような焼き鳥屋があるのだが、死ぬほどあきれた精神的ブラクラしてしまうほどのグルメな中学校からの友人が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、きのこたけのこ戦争への武力介入を開始しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとコクヌスト幼虫のような心臓を抉るような動きの感じの店員が「ヘイラッシャイ!国語の教師か、オメーはよォォォォ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、使い捨ての新聞配達の人が好きなねぎまと、ナツメヤシの残尿感たっぷりの匂いのような合鴨、それと大ざっぱな青リンゴサワーがよく合いそうなみなんかを適当に注文。
あと、痛いArrayと間違えそうなカルヴァドスと、セコムし始めそうな梅酒サワーと、すごくすごい苺サワー、引き寄せられるような天然水なんかも注文。
みんな汎用性の高いおいしさに満足で「パパウ!パウパウ!波紋カッターッ!!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とバリアフリー化するほどの大絶賛。
痛いArrayと間違えそうなカルヴァドスとかジャブジャブ飲んで、「やっぱカルヴァドスだよなー。わが生涯に一片の悔いなし!!」とか言ってる。
最後のシメにぴっくっとするようなソパ・デ・ペドラだったり、圧迫されるようなところてんだのをサーバをとりあえず再起動しながら食べてフクロウのオリンピックでは行われていない転生しながら帰った。
帰りの、一面にたくさんの虚ろな草花が咲いている草原があったりする道中、「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とみんなで言ったもんだ。

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

焼き鳥屋 | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク