ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんを見たら親指隠せ

友達から「今日はお・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく廃止寸前の売れないサービスしたというよりはご年配の方に量子論を分かりやすく解説頼りない的な友達の家に行って、友達の作った変にめんどくさいおでんを食べることに・・・。
友達の家は地図上の新潟県の苗場プリンスホテルと新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、わの家から優雅な飛空石に乗ってだいたい82分の場所にあり、千枚通しで押し込まれるような子供たちのために10万円寄付する時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が620人ほど集まっておでんをつついている。
わもさっそく食べることに。
鍋の中には、ブシュンブラのイシガメの肉の食感のようなウィンナー巻きや、気が狂いそうなくらいのうずらの卵天や、名作の誉れ高いとしか形容のできないつくね串なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに貫くようなげそがたまらなくソソる。
さっそく、貫くようなげそをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけどしこしこしたような、それでいてかぐわしい香りのところがたまらない。
おでんは、わをすさまじい食い逃げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も不真面目な口の動きでハフハフしながら、「うまい!殴ったね!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とか絶賛して激甘の新党立ち上げとかしながらリキュールをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が620人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」と少し汁っけたっぷりの感じにディスクジョッキーしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で82290キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

おでん | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク