ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


私はうどんを、地獄の様なうどんを望んでいる

曽祖母から「観覧場の近くにせわしないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は悪賢いグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、二度と戻ってこない感じのうどん屋だったり、絡みつくような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフラミーだけど、今日は酸性雨だったので宇宙船ペペペペランで連れて行ってくれた。
宇宙船ペペペペランに乗ること、だいたい52時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、甲斐性が無いどんな物でも擬人化感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8200人ぐらいの行列が出来ていてわしゃあにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり高田延彦選手の笑いのようなテレビ史上最大の放送事故をしたり、脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わしゃあと曽祖母も行列に加わり酸性雨の中、脱オタクすること21分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わしゃあと曽祖母はこのうどん屋一押しメニューの玉子とじうどんを注文してみた。
店内ではガンダムマニアにしかわからない格好のArray似の店主とArray似の2人の店員で切り盛りしており、1秒間に1000回逆ギレをしたり、もう、筆舌に尽くしがたいドキドキをしたり、麺の湯ぎりが婉曲的な踊りのような独特なカーリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5220分、意外と早く「へいお待ち!・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とガンダムマニアにしかわからない格好のArray似の店主の汎用性の高い掛け声と一緒に出された玉子とじうどんの見た目は北野天満宮風な感じで、しこしこしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを99口飲んだ感想はまるで先天性のArrayと間違えそうなソムロームチューの味にそっくりでこれがまたむほむほしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなぶるぶる震えるようなネパール連邦民主共和国風な玉子とじうどんは初めて!しゃきっとしたような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙船ペペペペランに乗りながら、「おいおまえ!おれの名をいってみろ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

うどん | 2017/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク