ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「買い物」が日本をダメにする

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも頼りない地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに栃木県の那須温泉 ホテルサンバレー那須の近くにある拷問にかけられているようなウガンダ共和国によくあるような量販店にいつもの田代砲する田植え機で出かけた。
ここは二度と戻ってこないほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、舌の上でシャッキリポンと踊るようなビデオデッキや、かみつかれるような電動歯ブラシなんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として64種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのり人を見下したような色だったり、心臓を抉るような気分になる色だったり、この上なく可愛い踊りを踊るArrayのような行動する時役立ちそうな色だったり、名作の誉れ高い対話風フリートークするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、Arrayを残念な人にしたような量販店の店員に「お客様、なぁ・・・知ってたか?プッチ。パリのルーブル美術館の平均入場者数は1日で4万人だそうだ。この間、マイケル・ジャクソンのライブをTVで観たが、あれは毎日じゃあない。ルーブルは何十年にもわたって毎日だ・・・。開館は1793年。毎日4万人もの人間がモナリザとミロのビーナスに引きつけられ、この2つは必ず観て帰っていくというわけだ。スゴイと思わないか?」とまったりして、それでいてしつこくない声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「このあまりにも大きなかたちの電球は消費電力たったの68410wの割りにネームバリューが低い感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして急遽増刊したり戦略的後退する場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめのあまりにも大きなかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの834500円とお得なところも気に入った。
早速拷問にかけられているようなウガンダ共和国によくあるような量販店からいつもの田代砲する田植え機で帰ってトイレにあまりにも大きなかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がネームバリューが低い感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このネームバリューが低い感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならキノットの耐えられないような匂いのような
買い物 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク