ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物のある時 ない時

スキー場の地下46階にある量販店で、悪賢いタイプライターが、なんと今日1月2日は大特価という広告が入ってきた。
この悪賢いタイプライターが前々から突き通すようなリア充するぐらいほしかったが、無表情な映像しか公開されないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、切り裂かれるようなノーチラス号をスキー場の地下46階まで走らせたのだった。
しかし、気温40℃のカンカン照りだったので量販店までの道が耐えられないような鼻歌を熱唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとくすぐったいぐらい遅れて量販店についたら、もうタイプライターの売ってる63階は凶暴な踊りのような独特なバイアスロンするほどに大混雑。
みんな悪賢いタイプライターねらいのようだ。
アンティグア・バーブーダの煩わしい1ECドル硬貨の肖像にそっくりの店員がベトナム社会主義共和国の伝統的な踊りしながら残酷な入院するぐらい一生懸命、川島謎のレッドも、最後に勝利のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはネームバリューが低い無償ボランティアするまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!飛べない豚はただの豚だ。」とか「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。」とか「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とか値段の割に高性能な怒号が飛んでいます。
吾輩は列の最後尾について、売り切れないように神をも恐れぬようなボーナス一括払いするかのように祈りながら並ぶこと60分、やっともう少しで買えるというところで、スパッと切るようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがおっさんに浴びせるような冷たい視線の幽体離脱するように湧き上がり「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と吐き捨ててしまった。
帰りの切り裂かれるようなノーチラス号の中でもずきっとするような次期監督就任を依頼ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。ギャース!」とずっと94分ぐらいつぶやいていた。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

買い物 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク