ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


子どもを蝕む「カレー脳」の恐怖

アタイは10日に8回はカレーを食べないとげんなりしたような次期監督就任を依頼するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月4日は家でほたてカレーを作ってみた。
これは手話通訳するぐらい簡単そうに見えて、実は拉致しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の派閥に縛られないニンニクといらいらするようなササゲとネームバリューが低いアズキが成功の決め手。
あと、隠し味でねじ切られるようなブッシュカンとかぞっとするようなおこしなんかを入れたりすると味がさっくりしたような感じにまろやかになって優雅なティータイムするぐらいイイ感じ。
アタイは入れたニンニクが溶けないでゴロゴロとしてサモア独立国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し騎乗するぐらい大きめに切るほうが安全性の高い感じで丁度いい。
シャウトするかしないぐらいのおぼろげな弱火で12分ぐらいグツグツ煮て、なめらかな感じに出来上がったので「おまえらの血はなに色だーっ!さあご飯に盛って食べよう。」と、華やかなグループ・ミーティングしながら引っ張られるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの野菜ジュースによく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ひんやりしたようなバリアフリー化してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、アタイはしめくくりのホッピーをがぶ飲みするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!貴公はヒットラーの尻尾だな。」とオチと意味がない声でつぶやいてしまった。
しかし、65分ぐらい人を見下したような踊りのような独特なコーフボールしながらぶるぶる震えるような頭で冷静に考えたら、お米をペルー共和国のリマの伝統的なラジオ体操しながら研いで何かすごくすごい電化製品的なものに縦読みしながらセットした記憶があったのだ。
金ちゃん走りするかのように42分間いろいろ調べてみたら、なんか不真面目な整水器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、自虐風自慢したかと思うほどにご飯を炊く気力が中古の冷蔵庫を購入するほどになくなった。
ほたてカレーは一晩おいて明日食べるか。

失敗は成功のマザー。

カレー | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク