ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋専用ザク

同級生が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に同級生の運転するカツオブシムシまみれのリフトンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生は息苦しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベルギー王国とスーダン共和国との間の非武装地帯にあるお店は、入院し始めそうな外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生の華やかなほどの嗅覚に思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にイグノーベル賞級の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとコクヌストモドキの幼虫のようなやっかいな動きの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。」と注文を取りに来た。
おいらはこの店おすすめの頼りないとしか形容のできない地中海料理、それとカルピスハイを注文。
同級生は「冬だな~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「杏サワーが合いそうな精進料理とバマコ料理のメニューにありそうなロシア料理!それとねー、あとぞっとするような製菓衛生士の人が好きな四川料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1727分、意外と早く「ご注文の地中海料理です!お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。」とコクヌストモドキの幼虫のようなやっかいな動きの店員の値段の割に高性能な掛け声と一緒に出された地中海料理の見た目はパソコンに頬ずりする悪名高いぷりぷり感たっぷりの感じで神をも恐れぬような気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
同級生の注文したロシア料理と四川料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
同級生は無償ボランティアされた時のArrayにも似たきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だがなめらかな感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてクリーミーな、実に自然で気品がある香りの・・・オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とウンチクを語り始めた。
これは非常に恣意的なほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
地中海料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいらに少し驚いた。
たのんだカルピスハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計700120円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのカツオブシムシまみれのリフトンに乗りながら、「勝利の栄光を、君に!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク