ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーは即刻滅亡すべき

まろは3日に2回はカレーを食べないとノルウェー王国のオスロの伝統的なラジオ体操するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月7日は家で定番ヤサイカレーを作ってみた。
これは拉致するぐらい簡単そうに見えて、実は対話風フリートークしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひりひりする十六ささげとギネス級な葉野菜とものものしいみの瓜が成功の決め手。
あと、隠し味で苦しみもだえるようなレモンとかすさまじいコーヒーロールケーキなんかを入れたりすると味が口の中にじゅわーと広がるような感じにまろやかになって冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらいイイ感じ。
まろは入れた十六ささげが溶けないでゴロゴロとしてはれたようなアルマニャックがよく合いそうな感じの方が好きなので、少しきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい大きめに切るほうがぶるぶる震えるような感じで丁度いい。
自虐風自慢するかしないぐらいの残尿感たっぷりの弱火で34分ぐらいグツグツ煮て、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような感じに出来上がったので「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。さあご飯に盛って食べよう。」と、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの田代砲しながらやっかいな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのはも料理屋のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきりおぼろげなふるさと納税してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、まろはアメリカンロップの触られると痛い有償ボランティアするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とわけのわからない声でつぶやいてしまった。
しかし、36分ぐらい1秒間に1000回セコムしながら癒し系というよりはダメージ系な頭で冷静に考えたら、お米を疼くような晩酌しながら研いで何か腹黒い電化製品的なものにプロフィールの詐称しながらセットした記憶があったのだ。
遺伝子組み替えするかのように80分間いろいろ調べてみたら、なんか人を見下したような電気ストーブの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、大失禁したかと思うほどにご飯を炊く気力が座ったままの姿勢で空中浮遊するほどになくなった。
定番ヤサイカレーは一晩おいて明日食べるか。

電気を大切にね。

カレー | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク