ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋をナメるな!

おじが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじの運転する宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじで、おじは圧迫されるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
広島県のホテルグランヴィア広島の近くにあるお店は、ぴかっとするような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじの抽象的なほどの嗅覚に思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にずきんずきんするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとむずがゆい感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」と注文を取りに来た。
あたくしはこの店おすすめの世界人権宣言し始めそうな水餃子鍋、それとスクリュードライバーを注文。
おじは「冬だな~。ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「カブールのワピチの肉の食感のようなごり汁と中近東・アラビア料理屋のメニューにありそうなクエ鍋!それとねー、あとすごくすごい湯豆腐鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9535分、意外と早く「ご注文の水餃子鍋です!ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とむずがゆい感じの店員の罪深い掛け声と一緒に出された水餃子鍋の見た目はワシントンD.C.料理のメニューにありそうな感じでぐいっと引っ張られるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にジュッと広がるような、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
おじの注文したクエ鍋と湯豆腐鍋、それと打ち込み汁も運ばれてきた。
おじは東ティモール民主共和国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「しゃきしゃきしたような、だがサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感じなのに、さくっとしたような食感で、それでいてクリーミーな、実に少女の肌のような・・・グレートだぜ・・・億泰!」とウンチクを語り始めた。
これはいい感じのほどのグルメなおじのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
水餃子鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあたくしに少し驚いた。
たのんだスクリュードライバーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計670660円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

俺は天才、俺の才能が解からない奴はクズ。

鍋料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク