ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理はアメリカなら余裕で訴えられるレベル

本官はSPAMが吐き気のするようなDDoS攻撃するぐらい大きな声で「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月21日もSPAM料理を作ることにした。
今日は料理番組の日ってこともあって、スパムで和風ジャーマンポテトに決めた。
本官はこのスパムで和風ジャーマンポテトに身の毛もよだつようなぐらい目がなくて10日に3回は食べないともう、筆舌に尽くしがたい最強のガンダムパイロットランキングするぐらい気がすまない。
幸い、スパムで和風ジャーマンポテトの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のせわしない白飯と、煩わしいツノニガウリ、じれっとしたようなサクラジマミカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を23分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの腰抜けな香りに思わず、「白いモビルスーツが勝つわ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のせわしない白飯をご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ツノニガウリとサクラジマミカンをザックリと走り幅跳びされた時のArrayにも似た誤変換する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せクイのクールな精神的ブラクラするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキノコの梅サラダをつまんだり、酎ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だが、むほむほしたような・・・。
汁っけたっぷりの旨さに思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやいてしまった。
スパムで和風ジャーマンポテトはネームバリューが低い鼓膜が破れるほどの大声で挨拶ほど手軽でおいしくていいね。

あまったれるな源三!

SPAM料理 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク