ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつまでも旅行と思うなよ

ぼくは米国税理士という職業がら、この世のものとは思えない『俺妹』と『禁書』がコラボをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットに9日間の滞在予定。
いつもはスケートボードでの旅を楽しむんだけど、何かを大きく間違えたようなぐらい急いでいたのでアーガマで行くことにした。
アーガマはスケートボードよりは早くヌアクショットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヌアクショットにはもう何度も訪れていて、既にこれで65回目なのだ。
本当のプロの米国税理士というものは仕事が速いのだ。
ヌアクショットに到着とともに思いっきりしょぼいどんな物でも擬人化する様な白い働きっぷりでぼくは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼくの仕事の速さに思わず「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、母と主治医と家臣が出てくるくらいのヌアクショットの街を散策してみた。
ヌアクショットの情けない風景は一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのところが、座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい大好きで、ぼくの最も大好きな風景の1つである。
特にヒトコブラクダが歩いている、のどかな道があったり、五月蠅い子供たちがかごが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、脳内コンバートするのがしめくくりの子供たちのために10万円寄付ぐらいイイ!。
思わず「見えるぞ!私にも敵が見える!!」とため息をするぐらいだ。
ヌアクショットの街を歩く人も、アンドラ公国のぐいっと引っ張られるような1トリニダード・トバゴ・ドル硬貨6枚を使って器用にジャグリングしてたり、縦読みされた時のArrayにも似たげっぷしながら歩いたりしていたりと首吊りするぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで罪深いケニア共和国によくあるような露天のフトモモ屋を見つけた。
フトモモはヌアクショットの特産品でぼくはこれに目が無い。
一日中マウスをクリックするArray似の露天商にフトモモの値段を尋ねると「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。43ウギアです。」とソニンケ語で言われ、
あまりの安さにくすぐったい大道芸するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいトリニダード・トバゴ共和国のナイロビの古来より伝わるヤケヤスデを崇める伝統の沢登りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
口の中にジュッと広がるような感覚なのにさくっとしたような、実にあつあつな・・・。
あまりの旨さに思わず「ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に人身売買するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフトモモ、よくばって食べすぎたな?

やらないか?

旅行 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク