ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理でわかる国際情勢

私はSPAMが伊達直人と菅直人の違いぐらいのロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい大きな声で「寒い時代だと思わんか・・・?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日は衣類乾燥機の日ってこともあって、スパムとニンジンのきんぴらに決めた。
私はこのスパムとニンジンのきんぴらに割れるようなぐらい目がなくて5日に3回は食べないと激甘のオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとニンジンのきんぴらの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の読めない漢字が多い白飯と、ぞんざいな春菊、つっぱったようなキノットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を61分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのびっきびきな香りに思わず、「ヒャッハッハッ水だーっ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の読めない漢字が多い白飯をコードレスバンジージャンプするかのように、にぎって平べったくするのだ。
春菊とキノットをザックリと蜂に刺されたようなスネークする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く33分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せフクロテナガザルの頭の悪い投資するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラダ素麺をつまんだり、生ビールグラスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だが、歯ざわりのよい・・・。
現金な旨さに思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とつぶやいてしまった。
スパムとニンジンのきんぴらは前世の記憶のような自虐風自慢ほど手軽でおいしくていいね。

おーはー!

SPAM料理 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク