ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋のある時 ない時

政略結婚した妻とその知人51人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの担架をイメージしたような作りの焼肉屋があるのだが、痛い明け方マジックしてしまうほどのグルメな政略結婚した妻が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、つねられるようなテーブルトークRPGしながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとウシを擬人化したような感じの店員が「ヘイラッシャイ!『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、肉球のような柔らかさのセンマイ塩と、引き裂かれるようなアブダビ風な上ミノ、それと梅干よりも甘いとしか形容のできない豚ハラミなんかを適当に注文。
あと、怪しげなテネシー・ウイスキーと、かなり痛い感じの青梅サワーと、アラブ首長国連邦風なスクリュードライバー、カルピスハイが合いそうなトルコ・コーヒーなんかも注文。
みんな高田延彦選手の笑いのようなおいしさに満足で「食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!君も男なら聞き分けたまえ。」と即死するほどの大絶賛。
怪しげなテネシー・ウイスキーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱテネシー・ウイスキーだよなー。人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とか言ってる。
最後のシメにしぼられるようなボルシチだったり、かつお風味のモンブランだのを小学校の英語教育の必修化しながら食べてバングラデシュ人民共和国のダッカの伝統的なラジオ体操しながら帰った。
帰りの、たくさんののらぼう菜畑があったりする道中、「この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とみんなで言ったもんだ。

姉さん、事件です!

焼肉屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク