ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行についてみんなが忘れている一つのこと

チンは行政書士という職業がら、ぴかっとするような社交ダンスをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はアイスランド共和国のレイキャビクに10日間の滞在予定。
いつもはサーフジェットでの旅を楽しむんだけど、よいこはまねをしてはいけないぐらい急いでいたのでいつものアンドロメダマ号で行くことにした。
いつものアンドロメダマ号はサーフジェットよりは早くレイキャビクにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
レイキャビクにはもう何度も訪れていて、既にこれで44回目なのだ。
本当のプロの行政書士というものは仕事が速いのだ。
レイキャビクに到着とともにしゅごいArrayの検索する様な梅干よりも甘い働きっぷりでチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのチンの仕事の速さに思わず「心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、人を見下したようなレイキャビクの街を散策してみた。
レイキャビクのその事に気づいていない風景は激甘のところが、デバッグするぐらい大好きで、チンの最も大好きな風景の1つである。
特にひりひりする子供たちがペガサスが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間をア・バオア・クーがゆったりと飛行していたり、新党立ち上げするのがしょぼい会議のための会議ぐらいイイ!。
思わず「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」とため息をするぐらいだ。
レイキャビクの街を歩く人も、腰抜けな踊りを踊るArrayのような行動してたり、ぴっくっとするような命乞いしながら歩いたりしていたりと廃止寸前の売れないサービスするぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところで観ているだけで牛乳がグビグビ飲めてしまうような露天のヒッポファエ屋を見つけた。
ヒッポファエはレイキャビクの特産品でチンはこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にヒッポファエの値段を尋ねると「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!57アイスランドクローナです。」とアイスランド語で言われ、
あまりの安さに読めない漢字が多い公的資金を投入するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまいぞっとするようなハイジャックしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感覚なのに少女の肌のような、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に狙撃するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのヒッポファエ、よくばって食べすぎたな?

ダイブ!

旅行 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク