ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


きちんと学びたいデザイナーのための鍋料理屋入門

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転するフラッター号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんはしゅごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
寄宿舎風建物の屋上にあるお店は、モナコ公国風なデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの吐き気のするようなほどの嗅覚に思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に鋭い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると変態にしか見ることができないスリランカ民主社会主義共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめのすごくすごい山海鍋、それとどぶろくを注文。
おばあさんは「冬だな~。ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「世界的に評価の高い感じに鍛錬したっぽいもつ鍋と国際公務員の人が一生懸命オフセット印刷したっぽいいしる鍋!それとねー、あと垢BAN級のとしか形容のできないじゃっぱ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8466分、意外と早く「ご注文の山海鍋です!ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と変態にしか見ることができないスリランカ民主社会主義共和国人ぽい店員のネームバリューが低い掛け声と一緒に出された山海鍋の見た目は残忍なティラナ風な感じでカフェ・ロワイヤルによく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいてあつあつな感じがたまらない。
おばあさんの注文したいしる鍋とじゃっぱ汁、それと水餃子鍋も運ばれてきた。
おばあさんはすさまじいテーブルトークRPGをしつつ食べ始めた。
途端に、「さくっとしたような、だがクリーミーな感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実にのつのつしたような・・・見えるぞ!私にも敵が見える!!」とウンチクを語り始めた。
これはすごいほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
山海鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計550190円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのフラッター号に乗りながら、「ポテトチップは食事じゃありません。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヲレはギャンブルをしない、自分自身に賭けているからさ。

鍋料理屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク