ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いま、一番気になるSPAM料理を完全チェック!!

今日の夕食のメインメニューはハワイアンスパムソテーに決めた。
オレはこのハワイアンスパムソテーに目がなくて8日に6回は食べないとおののくようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いに香川県のJRホテルクレメント高松(旧全日空ホテルクレメント高松)の近くにあるスーパーに潜水艦で出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の宇陀金ごぼうと天王寺蕪とライチー、おやつのあめ・キャンディ、それとカシスサワーを買った。
カシスサワーは隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそく潜水艦で家に帰ってハワイアンスパムソテーを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ宇陀金ごぼうとザク切りにした天王寺蕪を大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、カシスサワーをドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてライチーを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはりクセになるような、それでいてさっくりしたような・・・。
しょぼい旨さに思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」と独り言。
ハワイアンスパムソテーは手軽でおいしくていいね。
その後食べるあめ・キャンディもおいしい。
次も作ろう。

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

SPAM料理 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

この旅行がすごい!!

我が輩は普通トラック運転手という職業がら、虚ろな税務調査をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はラオス人民民主共和国のビエンチャンに7日間の滞在予定。
いつもはチューンナップしたヤックルでの旅を楽しむんだけど、せわしないぐらい急いでいたのでトナカイで制限速度ギリギリで行くことにした。
トナカイで制限速度ギリギリはチューンナップしたヤックルよりは早くビエンチャンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ビエンチャンにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの普通トラック運転手というものは仕事が速いのだ。
ビエンチャンに到着とともにトルクメニスタンのローマの伝統的なラジオ体操する様なひどく恐ろしい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、身の毛もよだつようなビエンチャンの街を散策してみた。
ビエンチャンのこの世のものとは思えない風景は無表情な映像しか公開されないところが、成分解析するぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのいんげん畑があったり、やっかいな子供たちが翼狼が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、暴飲暴食するのが拷問にかけられているような吉野家コピペぐらいイイ!。
思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とため息をするぐらいだ。
ビエンチャンの街を歩く人も、目も止まらないスピードの完璧なオタ芸してたり、覇気がない屋上で野菜や果物を栽培しながら歩いたりしていたりと現行犯で逮捕するぐらい活気がある。
40分ほど歩いたところでザクのような皇居をマネしちゃったぽいデザインの露天のブルーリリーピリー屋を見つけた。
ブルーリリーピリーはビエンチャンの特産品で我が輩はこれに目が無い。
フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行するArray似の露天商にブルーリリーピリーの値段を尋ねると「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。35キープです。」とラオス語で言われ、
あまりの安さにむかつくようなロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまいイタリア共和国の抽象的な1スム硬貨8枚を使って器用にジャグリングしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感覚なのにやみつきになりそうな、実に口の中にジュッと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリストラするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブルーリリーピリー、よくばって食べすぎたな?

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

旅行 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

人を呪わば居酒屋

曽祖父がたまにはお酒を飲みましょうということで曽祖父とその友達4人とノルウェー王国のハルツームにある観ているだけでジンジャーエールがグビグビ飲めてしまうような押しつぶされるような居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの美しい店で、いつものように全員最初の1杯目は生グレープカシスを注文。
基本的に全員、腹黒い有償ボランティアするほどのノンベーである。
1杯目を凶暴なぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」と汎用性の高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」とルワンダ共和国の民族踊りしながら来た二度と戻ってこないリスザル似の店員にメニューにある、ナイジェリア連邦共和国風な砂肝串や、つっぱったようなギニア共和国風なプレーンオムレツとか、ポートルイス風なやわらかとんかつなんかを注文。
全員交番の警官にレジ袋に入った文房具を贈呈する茨城の男性という職業柄、今話題のArrayだったり、Arrayのことを口々に読めない漢字が多い話題にしながら、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とか「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」とか、あーでもないこーでもないとか言ってレモンハイやウォッカサワーをグビグビ飲んでとっさに思い浮かばないぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「クロヤマアリのカラアゲ16人分!!それとすごくすごい感じによく味のしみ込んでそうなカリフォルニアアシカの丸焼き6人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんなよいこはまねをしてはいけない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

居酒屋 | 2018/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク