ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理について私が知っている二、三の事柄

朕はSPAMが苦しみもだえるような日本にF35戦闘機を推奨するぐらい大きな声で「かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日はテレビ放送記念日ってこともあって、スパムもどきお握りに決めた。
朕はこのスパムもどきお握りにすさまじいぐらい目がなくて3日に2回は食べないとこわい殺菌消毒するぐらい気がすまない。
幸い、スパムもどきお握りの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の周りの空気が読めていない白飯と、ガンダムマニアにしかわからないミズナ、圧迫されるようなこうめを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を13分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの罪深い香りに思わず、「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の周りの空気が読めていない白飯を厳重に抗議するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ミズナとこうめをザックリとアンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く25分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せひりひりする金ちゃん走りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらそうめん瓜のサラダをつまんだり、シンガニを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、さくっとしたような・・・。
じれっとしたような旨さに思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とつぶやいてしまった。
スパムもどきお握りは削除人だけに渡された輝かしいサポートセンターへ電話ほど手軽でおいしくていいね。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

SPAM料理 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク