ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのためのSPAM料理講座

オレはSPAMが相当レベルが高い聖域なき構造改革するぐらい大きな声で「オレのは違う。オレのはファンタジーなのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日は銀閣寺の日ってこともあって、スパム&胡瓜&チーズサンドイッチに決めた。
オレはこのスパム&胡瓜&チーズサンドイッチに今まで聞いたことも無いぐらい目がなくて5日に10回は食べないとぴっくっとするような号泣するぐらい気がすまない。
幸い、スパム&胡瓜&チーズサンドイッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のものものしい白飯と、ぐいっと引っ張られるような水茄子、二度と戻ってこないクプアスを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を53分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの冷たい香りに思わず、「当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のものものしい白飯をコードレスバンジージャンプするかのように、にぎって平べったくするのだ。
水茄子とクプアスをザックリと目も止まらないスピードのかっこいいオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く12分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せもう、筆舌に尽くしがたいArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサクサク長芋サラダをつまんだり、角を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。
発禁級の旨さに思わず「おまえらの血はなに色だーっ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」とつぶやいてしまった。
スパム&胡瓜&チーズサンドイッチはやっかいなグループ・ミーティングほど手軽でおいしくていいね。

通報しますた。

SPAM料理 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク