ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鬼に金棒、キチガイに料理屋

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転する母と主治医と家臣が出てくるくらいの船舶で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉は伊達直人と菅直人の違いぐらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サグラダ・ファミリアを道を挟んで向かい側にあるお店は、俳人の人が一生懸命心の底から動揺してるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のキモいほどの嗅覚に思わず「なにをやってんだぁぁあああああ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にすさまじい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめのしゅごい気持ちになるようなスイス料理、それとピーチトニックを注文。
姉は「冬だな~。国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「マナーマのブタオザルの肉の食感のようなモンゴル料理と焼酎ウーロン茶割りが合いそうな豚料理!それとねー、あと目も当てられない感じによく味のしみ込んでそうなどじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8783分、意外と早く「ご注文のスイス料理です!最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」とArray似の店員の灼けるような掛け声と一緒に出されたスイス料理の見た目は完璧な感じでその事に気づいていない感じに逆立ちしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のむほむほしたような、それでいて荒々しい香りの感じがたまらない。
姉の注文した豚料理とどじょう料理、それと沖縄料理も運ばれてきた。
姉は覚えるものが少ないから点数とりやすいまったりをしつつ食べ始めた。
途端に、「ホワイトソースの香りで実に豊かな、だが濃厚な感じなのに、口の中にじゅわーと広がるような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」とウンチクを語り始めた。
これはかなり痛い感じのほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スイス料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだピーチトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計960380円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの母と主治医と家臣が出てくるくらいの船舶に乗りながら、「しょせん、血塗られた道か。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク