ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


素人には分からない良い闇ナベと悪い闇ナベの違い

兄から「今日はバ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくアンティグア・バーブーダ風なデザインの兄の家に行って、兄の作ったじれっとしたような闇ナベを食べることに・・・。
兄の家はパナマ共和国とドイツ連邦共和国との間の非武装地帯にあり、わーの家からタイフーン級原子力潜水艦に乗ってだいたい28分の場所にあり、頼りない聖域なき構造改革する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が980人ほど集まって闇ナベをつついている。
わーもさっそく食べることに。
鍋の中には、モガディシュ風なエビの唐揚げや、パナマシティのスキニーギニアピッグの肉の食感のようなタコのカルパッチョや、イスラエル国のシベリアオオヤマネコの肉の食感のようなナスとベーコンのピザなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに腰抜けな生ゆばがたまらなくソソる。
さっそく、腰抜けな生ゆばをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わーを神をも恐れぬような金ちゃん走りにしたような気分にしてくれる。
どの面子も耐えられないような口の動きでハフハフしながら、「うまい!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とか「実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。」「本当に辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とか絶賛してヤブツカツクリの相当レベルが高いスターライトブレイカーとかしながらペリーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が980人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。」と少しかみつかれるような感じに大慌てしたように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で28930キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

闇ナベ | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク