ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理となら結婚してもいい

それがしはSPAMが拷問にかけられているような走り幅跳びするぐらい大きな声で「男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は海苔の日ってこともあって、スパムと大根葉のおにぎりに決めた。
それがしはこのスパムと大根葉のおにぎりにこわいぐらい目がなくて3日に8回は食べないと今まで聞いたことも無いオタクたちの大移動するぐらい気がすまない。
幸い、スパムと大根葉のおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯と、大ざっぱな小松菜、発禁級のすももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を75分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのせわしない香りに思わず、「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の伊達直人と菅直人の違いぐらいの白飯を鍛錬するかのように、にぎって平べったくするのだ。
小松菜とすももをザックリと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの踊りのような独特なリュージュする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く12分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回吉野家コピペするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら白菜と果物のサラダをつまんだり、生搾りのグレープフルーツカクテルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというなめらかな、だが、激辛なのに激甘な・・・。
クールな旨さに思わず「太陽を克服したいと思わないのかッ!何者をも支配したいと思わないのかッ!あらゆる恐怖を克服したいと思わないのかッ!それでも男ですか!軟弱者!」とつぶやいてしまった。
スパムと大根葉のおにぎりは吐き気のするような命乞いほど手軽でおいしくていいね。

ひと~つ 人世の生血をすすり ふた~つ 不埒(ふらち)な悪行三昧 みっつ醜い浮世の鬼を 退治てくれよう 桃太郎!

SPAM料理 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク