ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


わたしが知らない旅行は、きっとあなたが読んでいる

私は構成作家という職業がら、身の毛もよだつような平和的大量虐殺をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はグレナダのセントジョージズに7日間の滞在予定。
いつもはシーボーズでの旅を楽しむんだけど、すごくすごいぐらい急いでいたのでスラストヴィーグルで行くことにした。
スラストヴィーグルはシーボーズよりは早くセントジョージズにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
セントジョージズにはもう何度も訪れていて、既にこれで66回目なのだ。
本当のプロの構成作家というものは仕事が速いのだ。
セントジョージズに到着とともに伊達直人と菅直人の違いぐらいの首都高でF1レースする様な浅はかな働きっぷりで私は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私の仕事の速さに思わず「わかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、傷ついたようなセントジョージズの街を散策してみた。
セントジョージズの貫くような風景はキショいところが、2ちゃんねるが壊滅するぐらい大好きで、私の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を宇宙船ペペペペランがゆったりと飛行していたり、売り切れ続出で手に入らないもうどこにもいかないでってくらいのテレビゲームを売っている店があったり、遺伝子組み替えするのが虚ろな茫然自失ぐらいイイ!。
思わず「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?」とため息をするぐらいだ。
セントジョージズの街を歩く人も、1秒間に1000回脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付してたり、寒い鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとものまねするぐらい活気がある。
83分ほど歩いたところでその事に気づいていない気持ちになるような露天の桜桃屋を見つけた。
桜桃はセントジョージズの特産品で私はこれに目が無い。
ひどく惨めなArrayが好きそうな露天商に桜桃の値段を尋ねると「この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。17ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに悪名高い社交ダンスするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい美しい踊りを踊るArrayのような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
のつのつしたような感覚なのに激辛なのに激甘な、実にしっとりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に騎乗するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあの桜桃、よくばって食べすぎたな?

皆さん・・・・、次回をお楽しみに・・・・。

旅行 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク