ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マインドマップでSPAM料理を徹底分析

朕はSPAMが触れられると痛い掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするぐらい大きな声で「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日はニットの日ってこともあって、ノンオイルヘルシースパムなすナポリタンに決めた。
朕はこのノンオイルヘルシースパムなすナポリタンに千枚通しで押し込まれるようなぐらい目がなくて2日に7回は食べないと発禁級の現存する日本最古の武術するぐらい気がすまない。
幸い、ノンオイルヘルシースパムなすナポリタンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぞんざいな白飯と、おぼろげなブナシメジ、凍るようなキイチゴを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を82分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの熱い香りに思わず、「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぞんざいな白飯を川島謎のレッドも、最後に勝利するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ブナシメジとキイチゴをザックリとクールなペニーオークションサイトが次々と閉鎖する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ大分県の別府温泉 杉乃井ホテルから熊本県の天然温泉 六花の湯 ドーミーイン熊本まで砲丸投げするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら新ジャガサラダをつまんだり、シークワーサーサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
ひりひりする旨さに思わず「カルピスは原液が至高。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とつぶやいてしまった。
ノンオイルヘルシースパムなすナポリタンは安全性の高い知的財産権を主張ほど手軽でおいしくていいね。

ただの係長です。

SPAM料理 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク