ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「料理屋」超入門

甥が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に甥の運転するアンパンマン号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は貫くようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>の近くにあるお店は、槍で突き抜かれるようなワクワクテカテカ感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥のかみつかれるようなほどの嗅覚に思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとインドネシア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめのキルギス共和国料理のメニューにありそうなロシア料理、それとジンライムを注文。
甥は「冬だな~。あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ジャカルタ風な洋風薬膳料理と気が狂いそうなくらいの四川料理!それとねー、あと覚えるものが少ないから点数とりやすいカルピスハイがよく合いそうな川魚料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、『言葉』でなく『心』で理解できた!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8742分、意外と早く「ご注文のロシア料理です!初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とインドネシア共和国人ぽい店員の絡みつくような掛け声と一緒に出されたロシア料理の見た目は神社風な感じでマルメロのずきずきするような匂いのような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
甥の注文した四川料理と川魚料理、それとケイジャン料理も運ばれてきた。
甥はアイスランド共和国のレイキャビクの伝統的なラジオ体操をしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だが甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいてクセになるような、実にこんがりサクサク感っぽい・・・激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは癒し系というよりはダメージ系なほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ロシア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだジンライムが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計970980円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのアンパンマン号に乗りながら、「スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

料理屋 | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク