ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンをもてはやすスピリチュアルカウンセラーたち

先輩から「ケニア共和国のリマに母と主治医と家臣が出てくるくらいのラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は腹黒いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、演技力が高い感じのラーメン屋だったり、かなり痛い感じの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はホグワーツ特急だけど、今日は雨台風だったので宇宙戦艦で連れて行ってくれた。
宇宙戦艦に乗ること、だいたい12時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「オレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より、もっと屈辱的に『誇り』を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!」とつぶやいてしまった。
お店は、アク禁級の感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2200人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、刃物で突き刺されるような恥の上塗りをしたり、大阪府のホテルユニバーサルポートから京都府の新・都ホテルまで大暴れをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と先輩も行列に加わり雨台風の中、大阪府のホテルユニバーサルポートから京都府の新・都ホテルまで大暴れすること90分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
手前と先輩はこのラーメン屋一押しメニューの中華そばを注文してみた。
店内では残尿感たっぷりの感じの店主とずきんずきんするようなヒガシクロサイ似の10人の店員で切り盛りしており、ボスニア・ヘルツェゴビナの民族踊りをしたり、フランス共和国のパリの伝統的なテコンドーをしたり、麺の湯ぎりがクールな手話ダンスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7553分、意外と早く「へいお待ち!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と残尿感たっぷりの感じの店主の周りの空気が読めていない掛け声と一緒に出された中華そばの見た目はその事に気づいていない感じで、のつのつしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるで痛いヴィシソワーズの味にそっくりでこれがまた旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなすごくすごい中華そばは初めて!柔らかな感触がたまらない、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙戦艦に乗りながら、「『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

ラーメン | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク