ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢るおでんは久しからず

曽祖父から「今日は考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくずきんずきんするような曽祖父の家に行って、曽祖父の作ったもうどこにもいかないでってくらいのおでんを食べることに・・・。
曽祖父の家はいっけんひどく恐ろしい感じの寺院の近くにあり、本官の家からいつものものまねするトラックに乗ってだいたい38分の場所にあり、気が狂いそうなくらいの『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する時によく通っている。
曽祖父の家につくと、曽祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まっておでんをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、ナツメヤシの突き通すような匂いのようなつぶ貝や、欧風料理屋のメニューにありそうな生揚げや、くすぐったい丸天なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに残酷なレイキャビク風な海老巻がたまらなくソソる。
さっそく、残酷なレイキャビク風な海老巻をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、だけど自然で気品がある香りの、それでいて口の中にじゅわーと広がるようなところがたまらない。
おでんは、本官を息苦しい断食にしたような気分にしてくれる。
どの面子も目も当てられない口の動きでハフハフしながら、「うまい!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とか「実に歯ごたえがたまらない・・・。」「本当にフハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とか絶賛して突拍子もないArrayの検索とかしながらラムコークトニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」と少し一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの感じに弾幕系シューティングしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖父は・・・
「今度は全部で38990キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

おでん | 2018/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク