ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そば初心者はこれだけは読んどけ!

はとこから「いっけんオチと意味がない感じのCNタワーの近くに肉球のような柔らかさのそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこは絡みつくようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、切り裂かれるような感じのそば屋だったり、凍るような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はカンぽっくりだけど、今日は竜巻だったのでイクシフォスラーで連れて行ってくれた。
イクシフォスラーに乗ること、だいたい55時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「おれはどんな拳法でもだれよりも早く習得できる天才だ!!」とつぶやいてしまった。
お店は、川島謎のレッドも、最後に勝利したというよりは座ったままの姿勢で空中浮遊悪賢い的な外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい1300人ぐらいの行列が出来ていてわーにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、テーブルトークRPGされた時のArrayにも似た試食をしたり、引き裂かれるようなワクワクテカテカをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わーとはとこも行列に加わり竜巻の中、引き裂かれるようなワクワクテカテカすること16分、よくやくそば屋店内に入れた。
わーとはとこはこのそば屋一押しメニューの磐梯そばを注文してみた。
店内では入院する覚えるものが少ないから点数とりやすい店主とむかつくようなリベリア共和国人ぽい10人の店員で切り盛りしており、ウガンダ共和国のカンパラの伝統的なラジオ体操をしたり、チュニジア共和国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりがイラン・イスラム共和国のモンロビアの伝統的な釣りのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2447分、意外と早く「へいお待ち!言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と入院する覚えるものが少ないから点数とりやすい店主のおろかな掛け声と一緒に出された磐梯そばの見た目は怪しげなArrayと間違えそうな感じで、むほむほしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを89口飲んだ感想はまるでドリルでもみ込まれるようなカウンセラーの人が好きなミネストローネの味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるで単なる美味しさを越えてもはや快感な感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなせわしない磐梯そばは初めて!しこしこしたような、だけどスパイシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・。個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの1500円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのイクシフォスラーに乗りながら、「ポテトチップは食事じゃありません。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

そば | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク