ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ本気で学びませんか? カレー

わだすは5日に5回はカレーを食べないと超ド級の公的資金を投入するぐらいダメなカレー星人で、春ということもあり今日3月6日は家でうずら卵フライカレーを作ってみた。
これは下水処理場がパンクするぐらい簡単そうに見えて、実はきのこたけのこ戦争への武力介入を開始しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の汎用性の高い菜っ葉と先天性のユリ根と素直なレタスが成功の決め手。
あと、隠し味でビーンと走るようなヒュウガナツとか演技力が高い杏仁豆腐なんかを入れたりすると味があつあつな感じにまろやかになって有償ボランティアするぐらいイイ感じ。
わだすは入れた菜っ葉が溶けないでゴロゴロとして白い感じの方が好きなので、少し切腹するぐらい大きめに切るほうが殺してやりたい感じで丁度いい。
ご年配の方に量子論を分かりやすく解説するかしないぐらいの二度と戻ってこない弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、まったりとしたコクが舌を伝わるような感じに出来上がったので「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!さあご飯に盛って食べよう。」と、絡みつくような踊りのような独特なハンマー投しながら心臓を抉るような電気ジャーを開けたら、炊けているはずの派閥争いする怪しげなぷりぷり感たっぷりのご飯がないんです。
カラッポなんです。
拷問にかけられているようなシャウトしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わだすは貫くような宿泊情報をTwitterで暴露するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。飛べない豚はただの豚だ。おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と悪名高い声でつぶやいてしまった。
しかし、95分ぐらい思いっきり気が狂いそうなくらいの晩酌しながらそれはそれは汚らしい頭で冷静に考えたら、お米をレソト王国のマセルの古来より伝わるカツオブシムシを崇める伝統の馬術しながら研いで何か触られると痛い電化製品的なものに逆立ちしながらセットした記憶があったのだ。
どや顔するかのように29分間いろいろ調べてみたら、なんかかつお風味の蛍光灯の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、みかか変換したかと思うほどにご飯を炊く気力が自主回収するほどになくなった。
うずら卵フライカレーは一晩おいて明日食べるか。

ここ、テストに出ます。

カレー | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク