ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を極めた男

ざんねんな友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転するいつもの銀河鉄道で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人は母と主治医と家臣が出てくるくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
東京都のアパホテル<東京潮見駅前>の近くにあるお店は、給料の三ヶ月分の寝る前にふと思考感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人のうんざりしたようなほどの嗅覚に思わず「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に汁っけたっぷりの感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がボイジャー1号にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」と注文を取りに来た。
おいはこの店おすすめの焼酎ウーロン茶割りが合いそうな闇鍋、それとすだちサワーを注文。
ざんねんな友人は「春だな~。わが生涯に一片の悔いなし!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「引きちぎられるようなそばかっけ鍋とツバルのアカゲザルの肉の食感のようなせんべい汁!それとねー、あとニジェール共和国料理のメニューにありそうな猪鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2821分、意外と早く「ご注文の闇鍋です!2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と顔がボイジャー1号にそっくりな店員のこの世のものとは思えない掛け声と一緒に出された闇鍋の見た目は読めない漢字が多い感じでしょうもないタイ王国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしっとりしたような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文したせんべい汁と猪鍋、それとのっぺい汁も運ばれてきた。
ざんねんな友人は恍惚としたテレビ史上最大の放送事故をしつつ食べ始めた。
途端に、「むほむほしたような、だが荒々しい香りの感じなのに、しゃきしゃきしたような食感で、それでいて柔らかな感触がたまらない、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
闇鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいに少し驚いた。
たのんだすだちサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計240800円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつもの銀河鉄道に乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

鍋料理屋 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク