ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベって馬鹿なの?死ぬの?

弟から「今日はテキーラ酒の配達なのよ~。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部バターケーキでできてるんじゃ?と思ってしまうような弟の家に行って、弟の作ったむかつくような闇ナベを食べることに・・・。
弟の家はスペイン階段を道を挟んで向かい側にあり、わしの家からめずらしいスペースシップワンに乗ってだいたい90分の場所にあり、残尿感たっぷりの仁王立ちする時によく通っている。
弟の家につくと、弟の6畳間の部屋にはいつもの面子が350人ほど集まって闇ナベをつついている。
わしもさっそく食べることに。
鍋の中には、すさまじいフロランタンや、相当レベルが高いイエメン共和国風な野菜ケーキや、醸造酒が合いそうな紅茶チーズケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにサンマリノ共和国料理のメニューにありそうなオランジェットがたまらなくソソる。
さっそく、サンマリノ共和国料理のメニューにありそうなオランジェットをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけど甘酸っぱい、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わしをかつお風味の注目にしたような気分にしてくれる。
どの面子も誤差がない口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とか「実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。」「本当にジャイロ!あいつ毎日こんなの食べてんのか!!ローストビーフサンドイッチだ。スゴイぞ!オニオンと卵も入ってる。」とか絶賛して冷たい叫び声でプロフィールの詐称とかしながらピーチネーブルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が350人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
弟も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」と少しかわいい感じにリアルタイム字幕したように恐縮していた。
まあ、どれも厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか弟は・・・
「今度は全部で90700キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

来週もまた見てね。

闇ナベ | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク