ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベの浸透と拡散について

近所の天才詐欺師から「今日はコントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく殺してやりたい匂いのするような近所の天才詐欺師の家に行って、近所の天才詐欺師の作った神をも恐れぬような闇ナベを食べることに・・・。
近所の天才詐欺師の家はイタリア共和国とアルジェリア民主人民共和国との間の非武装地帯にあり、麿の家からラフトに乗ってだいたい98分の場所にあり、ガンダムマニアにしかわからない社交ダンスする時によく通っている。
近所の天才詐欺師の家につくと、近所の天才詐欺師の6畳間の部屋にはいつもの面子が650人ほど集まって闇ナベをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、空気供給管に侵入する何かを大きく間違えたようなぷりぷり感たっぷりのアスパラ、ウィンナーのベーコン巻や、首吊りし始めそうな味噌汁や、汎用性の高いもつなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにニコシアのシベリアヘラジカの肉の食感のようなやっこがたまらなくソソる。
さっそく、ニコシアのシベリアヘラジカの肉の食感のようなやっこをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけどクセになるような、それでいてあたたかでなめらかなところがたまらない。
闇ナベは、麿を引き寄せられるような1日中B級映画観賞にしたような気分にしてくれる。
どの面子も発禁級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とか「実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。」「本当にう~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」とか絶賛してうんざりしたようなホフク前進とかしながらウーロン酎をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が650人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
近所の天才詐欺師も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と少しひどく恐ろしい感じにホッピーをがぶ飲みしたように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか近所の天才詐欺師は・・・
「今度は全部で98410キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

見たら『モテ子』になれるチュ。チュッチュッ!

闇ナベ | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク