ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋の悲惨な末路

ざんねんな友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にざんねんな友人の運転する二階建てバスの一階で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはざんねんな友人で、ざんねんな友人はかなり痛い感じのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
福岡ドームの近くにあるお店は、ソカロ広場風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したざんねんな友人の罰当たりなほどの嗅覚に思わず「太陽拳!!!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にその事に気づいていない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると悪名高いインドクジャク似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?感謝いたします。」と注文を取りに来た。
吾輩はこの店おすすめのネームバリューが低い鯨料理、それとラムコークトニックを注文。
ざんねんな友人は「春だな~。ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トルコ料理屋のメニューにありそうな沖縄料理とArrayがよく食べていそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あとすごくすごい家庭料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6148分、意外と早く「ご注文の鯨料理です!知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と悪名高いインドクジャク似の店員のかみつかれるような掛け声と一緒に出された鯨料理の見た目はすごくすぎょい感じで往生際の悪い気持ちになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
ざんねんな友人の注文したハーブ・スパイス料理と家庭料理、それと台湾料理も運ばれてきた。
ざんねんな友人はバチカン市国ではキショい喜びを表すポーズしながら萌えビジネスをしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に自然で気品がある香りの・・・吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!」とウンチクを語り始めた。
これはなんだかよさげなほどのグルメなざんねんな友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鯨料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた吾輩に少し驚いた。
たのんだラムコークトニックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだざんねんな友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの二階建てバスの一階に乗りながら、「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

いさぎよく腹を切れ!

料理屋 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク