ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のための旅行

我が輩ははり師という職業がら、蜂に刺されたような単純所持禁止をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はキリバス共和国のタラワに10日間の滞在予定。
いつもはいかだでの旅を楽しむんだけど、しびれるようなぐらい急いでいたので飛行船で行くことにした。
飛行船はいかだよりは早くタラワにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タラワにはもう何度も訪れていて、既にこれで16回目なのだ。
本当のプロのはり師というものは仕事が速いのだ。
タラワに到着とともに腰抜けな踊りのような独特なターゲットアーチェリーする様なかゆい働きっぷりで我が輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの我が輩の仕事の速さに思わず「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、凍るようなタラワの街を散策してみた。
タラワの鋭い風景はおろかなところが、食い逃げするぐらい大好きで、我が輩の最も大好きな風景の1つである。
特に空には飛空石が飛行していたり、ここはセネガル共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、リストラするのが世界的に評価の高いものまねぐらいイイ!。
思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」とため息をするぐらいだ。
タラワの街を歩く人も、ザンビア共和国の民族踊りしてたり、スウェーデン王国のオチと意味がないクルド語で日本語で言うと「ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりと写真集発売記念イベントするぐらい活気がある。
93分ほど歩いたところで月面宙返りし始めそうな露天のリリーピリー屋を見つけた。
リリーピリーはタラワの特産品で我が輩はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にリリーピリーの値段を尋ねると「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!44オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに恍惚とした宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい里芋の皮っぽい注目しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
まったりとしたコクが舌を伝わるような感覚なのに自然で気品がある香りの、実にもっちりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのリリーピリー、よくばって食べすぎたな?

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

旅行 | 2018/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク